【Adobe Acrobat Reader DC】注釈やハイライトができないときの対処方法→ChromeでPDFに保存し直す

雑記

Adobe Acrobat Reader DCでPDFに注釈を入れたり、テキストをハイライト表示(マーカーをつける)したいのに、そのボタンが押せなくて困ることないでしょうか。

↓こんな感じで、ボタンが薄くなっていて押せない

原因は、PDFに保護がかかっているからです。閲覧はできても編集ができないようになっていると、注釈やハイライトボタンが押せないです。

色々試行錯誤した結果、簡単に保護が解除されて注釈やハイライトができるようになったので共有します。

結論としては、Chromeブラウザで、PDFを保存し直すとできました。
または、CubePDF(仮想プリンター)を通してPDFを保存し直しでもできました。

なお2021年9月に検証した内容となります。

やりたいこと

Adobe Acrobat Reader DCで開いたPDFに、注釈やテキストハイライトをしたい

使用環境

Windows10のパソコンで試したことです。しかし、Macでもできそうな方法です。

必要なもの

Adobe Acrobat Reader DC

無料で使用できる範囲で大丈夫です。

Chromeブラウザ

PDFをChromeで表示させるために使います。そしてChromeの機能「PDFに保存」を使います。

仮想プリンター(Chromeを使わない場合)

もしChromeブラウザを使っていない人は、仮想プリンターでも大丈夫です。Windows向けだと、CubePDFを私は使用しています。

手順

Adobe Acrobat Reader DCで開いたPDFに、注釈やテキストハイライトをしたいのに、そのボタンが押せないようになっているとき。原因は、そのPDFファイルの閲覧はできても、編集ができないように保護がかかっているからです。

この保護を解除するために、PDFファイルを保存し直します。

PDFをChromeで開く

PDFをGoogle Chromeで開きます。PDFの閲覧がデフォルトでChromeになっている人はただ単にPDFを開くだけです。

もしそうでない人は、PDFファイルを右クリックして、「プログラムから開く」を選びます。表示されたプログラムの中からGoogle Chromeをクリックします。

印刷ボタン

ChromeでPDFを開くと、右上に印刷ボタンがあります。(プリンターのマーク)

これをクリックします。

送信先「PDFに保存」

印刷のための画面が出てきますので、そこで「送信先」を「PDFに保存」にします。

そして、「保存」をクリックします。

名前を付けて保存

名前を付けて保存します。

名前はなんでも大丈夫ですが、区別しやすいように元のPDFファイルとは違う名前で保存する方が良いかもしれません。

Adobe Acrobat Reader DCで開く

名前を付けて保存したPDFを、今度はAdobe Acrobat Reader DCで開きます。先ほどはChromeで開きましたが、次は本命のAdobe Acrobat Reader DCで開きます。

もし開けない方は、PDFファイルを右クリックして、「プログラムから開く」を選びます。表示されたプログラムの中からAdobe Acrobat Reader DCをクリックします。

注釈やハイライトができる

元々のPDFファイルでは注釈やハイライトのボタンが押せなくなっていましたが、ChromeでPDFを保存し直した後は押せるようになりました。

やったね!

Chromeを使わない場合だと、CubePDFのような仮想プリンターでも似た手順でできます。仮想プリンターでPDFを保存し、その保存したPDFをAcrobat Reader DCで開くと、注釈やハイライトのボタンが押せる状態になります。

私が確認したのはCubePDFだけなので、他の仮想プリンターでできるかは未検証です。

まとめ

Adobe Acrobat Reader DCは無料ながら各種機能が利用できて便利です。

もし注釈やハイライトなど各種機能がなぜかできない場合、閲覧はできても編集はできない保護がかかっている可能性があります。

そんなときはChromeなどを使ってPDFを保存し直すと保護が取れる可能性があります。困ったときはお試しください。

タイトルとURLをコピーしました